猫って汗をかくの?猫が汗をかく場所と猫の暑さ対策

猫の喧嘩

夏は汗ダラダラで不快に感じるので嫌いな人も多いと思います。猫ちゃんにとってはどうなんでしょうか?

飼い主さん

暑い…暑すぎる…クーラー付けてても汗かくわ…暑すぎ…

ねずみ

それって暑いとかじゃなくて更年期じゃ…

飼い主さん

( `_ゝ´)

夏の暑い日でも毛に覆われている猫ちゃん。人間だともう汗ダラダラだと思いますが、「猫ちゃんは暑くないのかな?」って気になりませんか?

実は猫も汗をかいている

実は猫ちゃんも暑さを感じています。そして汗もかくんです。

猫は肉球との指の間からのみ汗をかきます。しかし人間が出す汗の量と比べるとほんの一部です。

猫も汗をかきますか?

そうですね、猫は手(肉球)からのみ汗をかきますね。普通、全身から汗をかく感じがするのですが、意外にも動物は人間と違ってあまり汗をかきませんね(少ないですね)。余談ですが、私の知る限りでは動物で汗をかくこと(全身)で有名なのは、カバや馬ぐらいですかね。なぜかカバの汗は赤いのです・・不思議ですね。

すみません、補足させていただきます。
猫は、暑さよりも、むしろ緊張から汗をかくことの方が多いみたいですね(例えば、猫ちゃんが病院に行った時とか)。それと、手だけではなく足にも肉球があるので、足からも汗をかきます。あと、余談の部分でのカバの汗ですが、正確には、うすいピンク色ですね。
大変、失礼致しました。

引用:Yahoo知恵袋

汗をかかないなんて羨ましいなあと思うかもしれませんが、実は猫ちゃんは暑さにはあまり強くありません。

足の表面積は非常に小さいので、そこからの発汗は体を冷却するほどの効果がありません。

もし飼っている猫ちゃんがの足跡が塗れていることに気がついたら、その汗腺は暑さやストレス、不安に対処するために過剰に働いていることを意味します。

ねこ

猫も手汗かくんですヨ

猫は自分で涼しい場所を見つける習性がある

では猫はどうやって体温調整をしているのかというと、体を伸ばしたりグルーミングしたりなどして自分なりに工夫しています。

また涼しい場所を見つけるのも得意です。

日陰の涼しい場所、タイル張りのキッチンフロアなどで、体をめいっぱい伸ばしてグダーっとしているのを見たことはないでしょうか?

あの姿は飼い主を笑わせるためではなく、猫なりの習性で熱気を取り除いているんですね。

飼い主さん

あら、笑わせてくれてるんだと思ってたわ

ねこ

僕は笑わせてるんだよ♡
ネコは暑さに強いですか?

猫は暑さには弱いです。
というより、体毛のある動物で、暑さに強い動物はほとんどいないのではないでしょぅか?
体毛のある動物は、私たち人間のように発汗で体温を下げる事ができません。
どうやって体温調整をしているかというと、体を伸ばして体表面積を広くし体温を逃がしたり、グルーミングした時の気加熱を利用したりします。

皆さんご存じのように、猫の祖先はリビアヤマネコといわれていて、砂漠地方、すなわち暑い地方だから、暑さには強いと言われていますが、日本のような湿度のある気候では、上記のような体温調整もうまくいかないため、やはり暑さには弱いと考えるのが妥当です。
気温より湿度の方が重要と考えてください。

引用:Yahoo知恵袋

猫はグルーミングをすることでも体温調整をしています。体をなめることで唾液が毛皮から蒸発すると気化熱により体温が下がります。

猫が暑さを感じると鼻をクンクンしだすので、あなたの猫ちゃんでこれをしてることに気づいたら、新鮮で冷ための水をあげたり、水のボウルに氷を落としたりしてあげてください。

また冷たい水に浸したタオルや布で、猫ちゃんを撫でてあげるのも喜んでくれると思います。

猫ちゃんが暑くてグッタリしていたらするべきこと

あなたの猫ちゃんがいつもより疲れていて、暑さでグッタリしていることに気づいた場合、猫ちゃんの体を冷やしてあげるための方法がいくつかあります。

暑い季節に猫ちゃんを涼しくしてあげる方法

  • 段ボール箱や傘で日陰スポットを作ってあげる
  • 床に近いサーキュレーターなどで風邪を送ってあげる(直接当てないように)
  • ペットボトルを凍らせ、タオルで包んで猫のベッドや好きな場所に置いてあげる
  • タイルや大理石、アルミ板など、体を冷やせる場所を作ってあげる
  • 長毛種の猫は少し毛をカットしてあげる

猫ちゃんの暑さ対策グッズも販売されているので、上手く利用してあげたいですね。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥1,580 (2018/10/21 03:52:32時点 Amazon調べ-詳細)

あとは新鮮なお水をたっぷりあげることも大切です。

あまり水を飲まない猫ちゃんも多いのですが、お水のボウルにいくつか氷を入れてあげることでよく飲むようになってくれる猫ちゃんもいます。

猫は流水で飲むことを好むので、ペット用の噴水を使用してあげるのも喜んでくれると思います。

Twitter上の夏の猫ちゃん

暑い日に猫ちゃんに異常を感じたら病院へ

猫ちゃんはある程度自分で暑さを回避しますが、病院に連れて行った方がよい危険な兆候があります。

猫ちゃんの暑さが限界なとき

  • 猫の息が常に荒い
  • 落ち着きがない
  • 毛づくろいの回数が頻繁すぎる
  • 歯茎が赤っぽい、または紫っぽい
  • 足跡が塗れている
  • 頻繁に嘔吐する

これらのいずれかに気づいた場合は、獣医に相談してアドバイスを受けることが需要です。