30種類から比較したおすすめキャットフードランキング!安心安全なキャットフードはどれ?

おすすめキャットフードランキング2018

飼い主さん

猫ちゃんのキャットフードってどんなものを与えればいいのかしら。毎日の事だから何がいいのか悩むわー。

ねこ

僕らって出されたエサ食べるしかないから健康面で不安はあるよね。猫の体は食べたものでできてるっていうし。

ねずみ

って、オマエはまだええやろ。こっちは自分でエサ探しとるっチューネン。(ほぼオマエのエサやけどな…)

飼い主さん

うーん。わからないわ。わからない。。
きゃっ!ネズミがいる!

安全なキャットフードとは?どんな基準で選べばいいの?

安全?安全じゃない?

安全なキャットフードとは何でしょう?

飼い猫は、基本的には与えられた物しか口にすることができません

様々な動物の中でも「完全肉食動物」と言われる猫ちゃんは、お肉からとれる良質なタンパク質がないと生きていくことはできません。

猫ちゃんは匂いに敏感なので、匂いさえ良ければ美味しそうに食いついてくれますが、安価なキャットフードには穀類を原料とした「植物性タンパク質」が使用されているものがあります。

そこに香料や調味料で香りづけ、味付けをしているのですが、猫は炭水化物を分解する能力が低いので、植物性タンパク質はうまく消化吸収ができません。

一見美味しそうにエサを食べているように見えても、実は猫ちゃんにとっては「これマズい」とか「なんか違和感が…」と思いながら食べている…なんてこともあるかもしれないですよね。

他にも、世の中には私たちの目の届かないところで汚染された危険な素材が流通しているのも事実です。

「ちゃんとしたスーパーで売ってるキャットフードだから安心」と思って与えていながら、実は危険な素材を使用していた…といったことも大いにあるんですよね。

キャットフードに記載されている「原産国」は、最終的に加工をした国なので、中身の原材料がどこで作られたものなのかまでは私たち消費者にはわかりません。

だからできるだけ原材料も含めて安全なキャットフードを与えてあげることが、猫ちゃんの健康や長生きへとつながります。

さっそくおすすめ1位をチェック

猫が喜ぶ『7つの基準』でキャットフードを選ぼう

そこで、「にゃんこむ」が考える良質なキャットフードの基準を『7つの基準』として取りあげてみました。

キャットフード栄養士

  1. グレインフリー(穀物不使用)であること
  2. 主原料がタンパク質であること(できれば単一タンパク源)
  3. ヒューマングレード(人間が食べられる品質の原材料)
  4. 人工添加物無添加
  5. ペットフードの規制が厳しい国が原産国(ドイツ、イギリス、アメリカ)
  6. 製造工場の品質(国際基準の品質管理、製造基準かどうか)
  7. 外部機関からの評価実績

>>キャットフード7つの基準について詳しく

7つの基準を満たした「おすすめキャットフード」はどれ?

7つの基準を満たした「おすすめキャットフード」を紹介していきます!

このランキングを作るにあたり、「プレミアムキャットフード」をなんと30種類お試ししました!(我ながらアホです…(;’∀’))

正直、買いすぎてしまってレビューが追いついておらず、今後このキャットフードランキングは変わる可能性があります。。

しかし、ざっと成分表を見るだけでも相当な違いがあるので、そんなところからまずは評価をしてみました。

今回は特に「素材と安全性」に注目したキャットフードランキングとなっています。

それではいってみましょう!( ゚Д゚)

矢印

30種類のキャットフードを比較しました

猫ちゃんに与えるキャットフードとしての需要な要素として

  • 動物性タンパク質の質と割合(%)
  • 安全性(製造工程の信頼性)
  • 添加物(できるだけ無添加が望ましい)

を基準としてランク分けしています。

あくまでひとつの基準ですが、参考にしてみてくださいね。

おすすめ1位はこちら

Sランク人気キャットフードおすすめ『Sランク』

猫ちゃんの栄養源となる「タンパク源」「タンパク源の割合」、製造工程の「安全性」ともにピカイチのランクです。気になる添加物も使用していません。

※表は横スクロール可能です

キャットフード名ジャガーキャットフード
ジャガーキャットフード
カナガンキャットフード
カナガン
イティキャットキャットフード
イティキャットキャットフード
モグニャンキャットフード
モグニャンキャットフード
シンプリーキャットフード
シンプリーキャットフード
特徴・ペットフード界のカリスマがプロデュース
・動物性タンパク質が圧倒的
・完全なグレインフリー
・人工添加物無添加
・イギリスで人気のキャットフード
・完全なグレインフリー
・人工添加物無添加
・本物の肉にこだわったキャットフード
・エアドライ製法で自然の生肉を食べているような感覚
・お魚主体の高品質キャットフード
・完全なグレインフリー
・サーモン主体のキャットフード
・完全なグレインフリー
公式サイト

Go


Go


Go


Go


Go


最も多い成分骨抜きチキン生肉、鴨生肉、乾燥チキン、乾燥鴨肉、生サーモン、生マス骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%ミート(チキン、チキン肝臓)、サーモン白身魚63%骨抜き生サーモン(31%)、乾燥ニシン(12%)、乾燥サーモン(11%)、乾燥白身魚(6.5%)、生マス(4.65%)
タンパク質の割合40%37%35%以上30%37%
生産国イギリスイギリスニュージーランドイギリスイギリス
グレインフリーグレインフリーグレインフリーグレインフリーグレインフリーグレインフリー
安全性SAI GLOBAL Aランク工場SAI GLOBAL Aランク工場sankakuニュージーランドの工場SAI GLOBAL Aランク工場SAI GLOBAL Aランク工場
人工添加物なし(無添加)なし(無添加)なし(無添加)なし(無添加)なし(無添加)
総評動物性タンパク質が40%は最高レベルで、猫ちゃんに理想的な配合です。イギリスで人気のキャットフード。グレインフリーが魅力。一袋の量が多いのが飽きやすい猫ちゃんにはデメリットかも…生肉の感覚にこだわったキャットフード。値段は高めですが、猫ちゃんの食いつきが違います。魚感の強いグレインフリーキャットフード。
お魚好きの猫ちゃんにはピカイチにおすすめ。
こちらも魚中心のキャットフード。サーモンが主体で副産物も使用しておらず安全性にこだわっています。匂いがすごい。
購入先購入サイト購入サイト購入サイト購入サイト購入サイト

Aランク人気キャットフードおすすめ『Aランク』

Sランクほど完璧ではありませんが、良質な素材と安全性の高い製造工程で作られたおすすめできるフードです。

※表は横スクロール可能です

キャットフード名ファーストメイトキャットフード
ファーストメイトキャットフード
ファインペッツキャットフード
ファインペッツキャットフード
アカナキャットフード
アカナキャットフード
ロータスキャットフード
ロータスキャットフード
ブルーキャットフード
ブルーキャットフード
ラフィーネクロスキャットフード
ラフィーネクロスキャットフード
特徴・世界で初めてグレインフリーを採用したキャットフード
・ベリー配合で下部尿路リスクを低減
・安全性にこだわったキャットフード
・中国産素材不使用、副産物不使用、放射性物質汚染原材料不使用、重金属類や残留農薬不使用などを明言している
・カナダのこだわりキャットフード
・素材にめちゃめちゃこだわっている
・手間のかかる「オープンベイク製法」を採用
・ローファット(低脂肪)向けのものもあり
・病気の猫ちゃんのことを考えられて作られたフード
・ビタミン、ミネラルが豊富
・子羊やウサギなど、変わった食材を使ったドイツのフード
・食感の良いシリアルを含んでいるので、食欲の落ちている猫ちゃんにも最適
最も多い成分チキンミールアヒル肉、ニシン新鮮鶏肉(9%)、新鮮七面鳥肉(9%)、新鮮鶏内臓 (9%)、鶏肉ミール(8%)、七面鳥肉ミール(8%)、丸ごとニシンミール(8%)チキン、チキンミール骨抜き生サーモン(31%)、乾燥ニシン(12%)、乾燥サーモン(11%)、乾燥白身魚(6.5%)、生マス(4.65%)シリアル(小麦胚芽入り)、 肉類(牛肉・子羊肉・ウサギ)
タンパク質の割合36%以上32%35%以上35%以上32%以上sankaku30%
生産国カナダオランダカナダカナダアメリカドイツ
グレインフリーグレインフリーグレインフリーグレインフリーsankaku玄米・大麦ありグレインフリーsankaku小麦胚芽あり
安全性sankakuカナダの工場sankakuオランダの工場sankakuカナダの工場sankakuカナダの工場sankakuアメリカの工場sankakuドイツの工場
人工添加物保存料、調味料、着色料無添加なし(無添加)保存料、調味料、着色料無添加化学合成保存料不使用合成着色料、合成香料、合成保存料不使用人工着色料不使用、人工保存料不使用
総評栄養のバランスが良いフード。チキンとフィッシュがあり。1,000円から試せるのが魅力。
放射能検査まで行うなど安全性にこだわりが強い。
カナダ産で最も有名なフード。
小さいパックから変えるのでお試ししやすい。
オープンベイク製法という特徴のある製法が魅力。小パックから買えるのが魅力。生肉素材を中心に、ビタミンやミネラルなどの栄養素をバランス良く配合。
粒が小さいので小柄な猫ちゃんや子猫に最適。
変わった食材を使用しているので、通常のエサに飽きた猫ちゃんのおやつとしても最適。
小パックから買えるのでお試ししやすい。
購入先購入サイト購入サイト購入サイト購入サイト購入サイト購入サイト

Bランク人気キャットフードおすすめ『Bランク』

質は良いですが素材に穀類が多い(グレインフリーではない)など、気になる所があるフードです。気に入って食べるぶんには特に問題ないと思います。

※表は横スクロール可能です

キャットフード名ヤラーキャットフード
ヤラーキャットフード
ファムファインステンキャットフード
ファムファインステンキャットフード
アズミラキャットフード
アズミラキャットフード
ナウフレッシュキャットフード
ナウフレッシュキャットフード
ハッピーキャットキャットフード
ハッピーキャットキャットフード
ホリスティックレセピーキャットフード
ホリスティックレセピーキャットフード
ブリスミックスキャットフード
ブリスミックスキャットフード
ニュートロキャットフード
ニュートロキャットフード
特徴・オーガニックと言えばヤラーというほど有名なフード
・オランダのSkai認証で認められた100%オーガニック
・オメガ3、オメガ6配合で被毛をきれいに保つ
・1988年から販売されているフード・肉食の猫の特性を考えたフード
・100%フレッシュフィッシュを使用
・地元の契約農家から仕入れた人間も食べられる素材を使用
・ペット先進国ドイツの高品質フード
・ヘアボールにも配慮したフード
・日本で暮らす猫ちゃんの健康と病気に配慮したフード
・USDA認証のオーガニック素材を使用(チキン、エンドウ豆、植物由来の成分)
・口腔内の環境を整えるK12(口腔内善玉菌)を配合
・アガリクス茸、EF2001乳酸菌など様々な栄養素を配合
・ミートファースト、フィッシュファーストをコンセプトに作られたお肉第一のフード
最も多い成分穀類(小麦、トウモロコシ)、鶏肉、鶏内臓肉鳥肉粉 (低灰) 、米、コーン、鳥脂肪、鳥レバーチキンミールトラウト(生・骨抜き)、鶏卵(乾燥・全卵)チキンミール(13%)、ミートミール鶏肉、鶏肉粉フレッシュチキン・ドライチキンターキー生肉、乾燥チキン
タンパク質の割合sankaku26%以上sankaku30%sankaku30%sankaku30%32%32%sankaku30%33%
生産国オランダドイツカナダカナダドイツアメリカアメリカアメリカ
グレインフリーsankaku小麦ありsankaku米あり(小麦グルテン不使用)小麦ありsankaku玄米・大麦ありグレインフリーsankaku米ありsankaku玄米ありsankaku米、玄米あり
安全性sankakuオランダの工場sankakuドイツの工場sankakuアメリカの工場sankakuカナダの工場sankakuドイツの工場sankakuアメリカの工場sankakuアメリカの工場sankakuアメリカの工場
人工添加物なし(無添加)人工着色料不使用、人工保存料不使用保存料、調味料、着色料無添加人工防腐剤、化学防腐剤不使用化学合成された保存料、香料、着色料不使用
遺伝子組み換え作物不使用
合成保存料、合成着色料、人工香料不使用
肉副産物不使用、人工保存料不使用、着色料不使用
香料・着色料、合成酸化防止剤不使用
総評100%オーガニックにこだわったフードですが、小麦が主材料でタンパク質量が少ないのが残念。小パックから買えるので気軽に試せる。ご褒美や食欲のないときに。サイズが豊富なので、お試しから多頭飼いまで様々なニーズに対応できる。サイズが豊富。フルーツなど健康に良い様々な素材を使用。ラムやアルパインビーフなど個性的な素材がある。年齢や体質に合わせた8種類のラインナップ。日本特有の気候で暮らす猫ちゃんにあわせて作られた「日本専用」のキャットフード。冷凍保存された素材を使わず、冷蔵の素材を使用。ホームセンターなどでも買えるプレミアムフード。サーモンやチキンなど猫ちゃんが好む素材を採用。少し草っぽい匂いがする。
購入先購入サイト購入サイト購入サイト購入サイト購入サイト購入サイト購入サイト購入サイト

Cランク人気キャットフードおすすめ『Cランク』

ペットショップやホームセンターで買えるフードです。危険ではありませんが良くもありません。添加物には注意したいところです。

※横スクロール可能です

キャットフード名ロイヤルカナンキャットフード
ロイヤルカナンキャットフード
特徴・最も有名なプレミアムフード
・猫種や飼育環境、年齢などにあわせて選べる
最も多い成分肉類(鶏、七面鳥)
タンパク質の割合sankaku25%以上
生産国フランス
グレインフリーsankaku米、小麦あり
安全性sankakuフランス、オーストラリア、カナダの工場
人工添加物アミノ酸類、加水分解タンパク、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)
総評バランスの良いフードですが、加水分解タンパクや酸化防止剤であるBHA(ブチルヒドロキシアニソール)は、発がん性が疑われる素材でもあるので、気にされる方も多いです。
購入

詳細


おすすめ1位のキャットフードおすすめ1位のキャットフード

カナガンキャットフード

カナガンは、イギリス最高級のグレインフリーキャットフードです。健康な平飼いチキンの良質なタンパク質を主体に作られています。

グレインフリーとは穀物不使用という意味で、本来は猫にとって不必要な穀物類を使用していないということです。安価なキャットフードは猫にとって重要なタンパク質の割合が少なく、小麦などの穀類でかさまししているものがほとんどです。

穀物類(グレイン)を多く摂取すると血糖値が上がって太りやすくなったり、消化器官の異常や、アレルギーの原因になるともいわれています。

この『カナガンキャットフード』は、チキンのタンパク質主体のバランスが良い栄養素に加え、世界最高レベルの厳しい基準のもとで作られる最も安全なキャットフードとして、強くおすすめできる商品です。

カナガンの価格

価格 3,980円(1.5kg)
おトクな定期購入なら10%OFFの3,564円(最大20%OFFも!)

イギリスの高品質キャットフード
『カナガン』
⬇⬇

こだわる人が選ぶカナガン

カナガンのおトク情報をチェック

平飼いチキンの美味しさがたっぷり!

カナガンをオススメする理由

猫の飼い主さん

  1. 猫に最適なタンパク質が中心
  2. 人工添加物や保存料、酸化防止剤が不使用
  3. 消化不良やアレルギーにつながる穀物が入っていない
  4. 小粒で食べさせやすい
  5. 欧州ペットフード工業会連合の厳しい基準で製造
ここが微妙と思う人には向かないかも…

  • チキンアレルギーがある猫ちゃんには向かない
  • 無添加のため開封後の長期保存はできない(3ヶ月)
  • 価格が高めなのに小容量パックがない

カナガン大好き

カナガンはビッグサイズしかないのが残念…
(ちなみに開封前に袋をかじって穴を空けられました…😢)

キャットフードの『あんしん7項目』をチェック

1.グレインフリーかどうか糖分として低GIの「サツマイモ」を使用
2.主原料平飼いの鶏肉を使用
3.ヒューマングレード人間が食べても安全
4.人工添加物無添加添加物一切不使用
5.原産国イギリスで製造
6.工場の品質国際規格「SAI GROBAL」のランクA工場で製造
7.外部機関の評価実績記載なし

評価 S (70点満点中60点)

<評価の理由>

キャットフード栄養士

安心安全の基準となる項目はすべて満たしたとてもよいキャットフードだと思います!

 

猫ちゃんが味を好むかどうかは別ですが、平飼いチキンを使用した良質なタンパク質に加え、国際規格の「SAI GLOBAL」クラスA工場で生産されているので、品質について安心・安全であることは間違いありません。

 

全年齢対象で、グレインフリーについても徹底しているので、どんな猫ちゃんにも安心して与えることができます。

ランキング1位の『カナガン』
今すぐチェック
⬇⬇

続いては第2位
矢印

日本の猫ちゃんは“魚が好き??”

おすすめ2位のキャットフードおすすめ2位のキャットフード

モグニャンキャットフード

モグニャンは白身魚を主体に作られたプレミアムキャットフード。
どちらかというとお肉よりも魚介が好みの猫ちゃんにオススメのキャットフードです。

1位のカナガンと同じくグレインフリーとなっていて、食材のひとつ一つまでこだわり抜いた高品質のキャットフードとなっています。もちろん人工添加物や香料、着色料は一切使用せず、腐敗を防ぐ保存料にも自然由来のビタミンE(ミックストコフェロール)を使用するなど徹底しています。

一見「ほんとにキャットフードなの?」と思ってしまうオシャレなパッケージも魅力ですね。

モグニャンの価格

価格 3,980円(1.5kg)
おトクな定期購入なら10%OFFの3,564円(最大20%OFFも!)

お魚の良さが
たっぷり詰まったモグニャン
⬇⬇

お魚好きな猫ちゃんに最適

モグニャンについて詳しく

袋を開けたときのお魚の香りがスゴいんです!

モグニャンをオススメする理由

猫の飼い主さん
  1. 白身魚(60%)が主体だから魚好きの猫ちゃんに
  2. 人工添加物や保存料、酸化防止剤が不使用
  3. 消化不良やアレルギーにつながる穀物が入っていない
  4. 小粒で食べさせやすい
  5. 欧州ペットフード工業会連合の厳しい基準で製造
  6. パッケージがかわいい(個人的に)
ここが微妙と思う人には向かないかも…

  • お魚嫌いの猫ちゃんには向かない
  • 無添加のため開封後の長期保存はできない(3ヶ月)
  • 価格が高めなのに小容量パックがない

カナガンガツガツ

モグニャンは新鮮なお魚の匂いがたっぷり。お魚好きの猫ちゃんには最適ですね☺️

キャットフードの『あんしん7項目』をチェック

グレインフリーかどうか糖分として低GIの「サツマイモ」を使用
主原料赤ちゃんの離乳食に使用されるグレードの白身魚を使用
ヒューマングレード人間が食べても安全
人工添加物無添加添加物一切不使用
原産国イギリスで製造
工場の品質国際規格「SAI GROBAL」のランクA工場で製造
外部機関の評価実績記載なし

評価 S (70点満点中60点)

<評価の理由>

キャットフード栄養士1位のカナガンキャットフードと同じく安心安全の基準となる項目はすべて満たしています。というのも、この「モグニャン」はカナガンと同じメーカーなので、同じコンセプト、同じ品質基準で作られているんですよね。

 

で、何が違うのかというと、カナガンが鶏肉をメインにしているのに対して、モグニャンは白身魚をベースにしたものになっています。(ほかの素材も違います)要するに、中身の『味』が違うということなので、ここは猫ちゃんの好みにあわせて選んであげてはどうでしょうか?

 

いま食べているフードが魚由来のものなら『モグニャン』との相性がよさそうです

レビューと口コミはこちら

続いて第3位です
矢印

徹底した“安全性”チェックがすごい

おすすめ3位のキャットフードおすすめ3位のキャットフード

ファインペッツキャットフード

ファインペッツはアヒルとニシンのお肉を使ったプレミアムキャットフード。
すべての猫種・年齢に合うように作られたヒューマングレードのキャットフードです。

こだわりのポイントとしては放射性物質汚染まで検査しているところは好感が持てますね。

完全なグレインフリーではないので、そこが気になる方もいるかもしれませんが、安全性に関しては上位でご紹介した2つのキャットフード同様、かなりこだわっていると思います。

あとは定期購入を10回以上重ねると回数に応じての割引があり上位の2種よりも少しお安くなるのもポイント。「なるべく安心安全なものを与えたい。だけどコスパは気になる…」という方には最も適したプレミアムキャットフードかもしれません。

安全度に関しては、ペットフード先進国「力ナダ」の世界最高水準TLCレシピを使い、食品安全先進国「オランダ」の工場で生産されているため、安全面に関しても問題ないと思います。中国産原料の不使用も明記されています。

まずは1,000円で購入できるお試しパックがあるので、それで試してみてはいかがでしょうか?美味しいか美味しくないかは猫ちゃんが決めることですしね!

ファインペッツの価格

価格 3,704円(1.5kg)
おトクな定期購入なら割引あり!(続ければ続けるほどお得に!)

1,000円でお試しできます!⬇⬇

安全性にこだわり

ファインペッツについて詳しく

1,000円のお試しは通常サイズ(1.5kg)と同じ!

ファインペッツをオススメする理由

猫の飼い主さん

  1. 20年の販売実績があり、お試しもできる
  2. 消化吸収率が87%と吸収しやすい素材を使用
  3. 品質にこだわった原料を使用し、生産工場にもこだわり(オランダ)
  4. 添加物や着色料はゼロで、放射線汚染まで調査
  5. 定期便で買えば買うほどおトクに!
ここが微妙と思う人には向かないかも…

  • タンパク質はできれば単一にしたい人(アヒルとニシンを使用)
  • 無添加のため開封後の長期保存はできない(3ヶ月)
  • 価格が高め(お試しあり)

キャットフードの『あんしん7項目』をチェック

グレインフリーかどうか原材料に全粒米が使用されています
主原料アレルギー性の低いフランス産アヒル肉とオランダ産ニシン肉を使用
ヒューマングレード人間が食べても安全
人工添加物無添加添加物一切不使用
原産国オランダの工場で製造(品質基準は不明)
工場の品質オランダの工場(記載なし)
外部機関の評価実績記載なし

評価 A (70点満点中50点)

<評価の理由>

キャットフード栄養士安心安全の基準となる項目はすべて満たしたとても良いキャットフードだと思います!

 

猫ちゃんが味を好むかどうかは別ですが、平飼いチキンを使用した良質なタンパク質に加え、国際規格の「SAI GLOBAL」クラスA工場で生産されているので、品質について安心・安全であることは間違ありません。

 

全年齢対象で、グレインフリーについても徹底しているので、どんな猫ちゃんにも安心して与えることができます。

レビューと口コミはこちら

飼い主さん

今回、このランキングのために30種類のプレミアムキャットフードを比較しました。紹介した3つのフード以外にも、「ジャガー」「ロイヤルカナン」「ピュリナワン」などが良かったです。猫ちゃんにも好みがあるので、いろいろ試して最適なキャットフードを与えてあげてくださいね。

ねこ

なにげに苦労してるんだね〜

比較候補のキャットフード全30種をご紹介

このランキングを作るにあたり「プレミアムキャットフード」と呼ばれるジャンルのキャットフードを30種類購入して比較しました。

プレミアムと言いつつもコスパも考慮したいため、基本的にドライフード中心にしています。

ここで紹介する項目を参考に、愛猫ちゃんの気に入るキャットフードを選んであげてくださいね。

どれがいい?
おすすめプレミアムキャットフード

アカナキャットフード
アカナキャットフード
ファムファインステンキャットフード
ファムファインステンキャットフード
ロイヤルカナンキャットフード
ロイヤルカナンキャットフード
ヤラーキャットフード
ヤラーキャットフード
ロータスキャットフード
ロータスキャットフード
アズミラキャットフード
アズミラキャットフード
ブルーキャットフード
ブルーキャットフード
ファーストメイトキャットフード
ファーストメイトキャットフード
ナウフレッシュキャットフード
ナウフレッシュキャットフード
ハッピーキャットキャットフード
ハッピーキャットキャットフード
ジャガーキャットフード
ジャガーキャットフード
アズミラキャットフード
アズミラキャットフード
ホリスティックレセピーキャットフード
ホリスティックレセピーキャットフード
ラフィーネクロスキャットフード
ラフィーネクロスキャットフード
ブリスミックスキャットフード
ブリスミックスキャットフード
イティキャットキャットフード
イティキャットキャットフード
モグニャンキャットフード
モグニャンキャットフード
ニュートロキャットフード
ニュートロキャットフード
シンプリーキャットフード
シンプリーキャットフード
カナガンキャットフード
カナガンキャットフード
ファインペッツキャットフード
ファインペッツキャットフード

成分から見る「良いキャットフード」の選び方

自らしゃべることのできない猫ちゃんは、基本的に与えられた物しか食べることができません。

  1. グレインフリー(穀物不使用)であること
    猫は本来肉食の動物なので穀物は必用ありません。キャットフードに穀物が含まれるのは「かさ増し」のためである場合が多いので注意が必要です。また消化不良やアレルギーの原因にもなる恐れがあります。
  2. 主原料がタンパク質であること(できれば単一タンパク源)

    肉食の猫にあたえるキャットフードは、主に魚や肉などのタンパク源であることが望ましいです。原材料の表記の先頭にくる物が最も多く使用される素材なので、注意して確認しましょう。また、食物アレルギー源の特定のためにも原材料のタンパク源を1種に絞った単一タンパク源であればより安心です。
  3. ヒューマングレード(人間が食べられる品質の原材料)

    キャットフードのヒューマングレードとは、人間が食べることのできる基準の素材で作られているということを示しています。日本では「ペットフード安全法」という法律がありますが、欧米ほど厳しいものではなく、国産だから安全だと断言できる物ではありません。

    品質の悪い原材料として代表的なものは家畜副産物4Dミートです。

    家畜副産物は人間が食べられない部位(骨、くちばし、頭、羽)を使用したもので、本来捨てられるべき素材です。

    4Dミートは、上記のような家禽副産物に加え、病気感染した家畜の肉なども含まれる場合もあり、特に危険な部位とされています。

  4. 人工添加物無添加
    キャットフードの食いつきを促すため人工の香料を使用したオイルを加えたもの、(人間にとって)見た目を良くするための着色料、他にも化学物質を使用した調味料や酸化防止剤(BHA、BHTなど)は注意が必要です。
  5. 原産国
    キャットフードは日本製の方が安心できるイメージがありますが、ペットフードに関しては正直微妙です。ヨーロッパやアメリカなど動物愛護の意識が進んだ国は法律も厳しく、工場の品質基準も高いので安心だといえます。中国製は異物混入事件の事例もあるので、絶対に避けましょう。
  6. 工場の品質

    キャットフード工場の品質は、世界的に厳しい審査基準をクリアしたISOSAIHACCPIFSDINEKOKRAVDebioの記載のあるものがベストです。(記載がないから不安というわけではないです。)

    また、製造工程のすべてを追跡できるトレーサビリティを採用しているものであれば、品質面では万全といえます。

  7. 外部機関からの評価実績

    キャットフードの受賞実績や外部団体からの評価は、安全性に関しても評価の対象となりますのである程度参考にはなります。

    ペットフード・オブ・ザ・イヤーモンドセレクションなど