取るのが大変!?「猫の抜け毛」対策にはこれ!

猫なめ合い

猫を飼っているとどうしても避けられない問題がありますよね、そう『抜け毛』です。

フローリングなら掃除機をかけるだけで済みますが、カーペットを敷いた部屋の場合はカーペットに毛が絡んでしまうため簡単には取り切れません。

夏前は生えかわりの季節で抜けた毛があちこちに散乱することになりますし、冬など寒い季節になると飼い猫は少しでも温かい場所を求めてふとんの上やクッション、電気カーペットやコタツなどに居座る時間が長くなるため、その周囲に抜け毛がついてしまうのはどうやっても避けられません。

どうやったら飼い猫の抜け毛を減らすことができるのか、またふとんやクッションなどについた抜け毛をどういう方法で、またはどういったアイテムを使ったら効率的に取り除くことができるのかなどを、実際に有効な道具の紹介も含めて解説いたしましょう。

◆抜け毛を減らすには?

これについてはコームを使った毛すき、またはブラシで事前にすいてしまうのが一番です。
道具を使った毛すきが嫌いで、撫でられるのが好きな猫でしたら手ぐしでも良いでしょう。

毎日こまめにすいてさえやれば床に落ちる毛の量は確実に減ります。
コームなら2~3分、ブラシなら同じ場所を2~3回程度、頭の方から尻尾へ向かって体全体をすいてあげるのがコツです。

ブラシでコームと同じ時間毛すきをしてしまうと、まだ体についている毛も抜いてしまうことがあるので、ブラシの場合は軽く短い時間で終わらせる方がよいでしょう。

とくに梅雨から夏にかけては生えかわりのため抜け毛が多くなる季節ですので、可能であれば1日に数回毛すきをしてあげた方がよいですね。

猫にも好みがあり、コームが好きな子、ブラシが好きな子、手ぐしが好きな子色々いるでしょうから、一通り試したあと『道具を見せて寄ってくるもの(猫にとって気持ちがいい方法)ですいてあげる』のが継続のコツでもあります。

もちろん猫の種類によっても、毛の抜けやすい子、抜けにくい子、短毛であまり抜け毛のない子など様々なので、各猫に合わせた対処をするのが大切です。

◆おすすめの掃除機

カーペットの上に残った抜け毛を取り除くには『吸引力が強く』『電動式のパワーブラシ』を採用した掃除機がおすすめです。

サイクロン式の掃除機は紙パック式より吸引力が弱いので、『電動パワーブラシを採用している紙パック式の上位モデル掃除機』を選択すると良いでしょう。

あえて機種名を挙げるとすれば、パワーブラシに猫の抜け毛や糸などが絡みにくい構造になっている「からまん機構」を採用した『日立の紙パック式掃除機 CV-PE700やCV-PE500』

ほとんどの掃除機では別途購入が必要な『ふとんブラシ』が最初からついていて布団に残った抜け毛も取り除きやすく、パワーブラシに抜け毛が絡んだとしてもブラシを横に引き抜くだけで絡んだ毛がするりと抜ける仕組み『毛がらみ除去機能』を採用している『三菱の紙パック掃除機 Be-K TC-GXG10P』などが比較的猫の抜け毛に有効な掃除機ではないでしょうか?。

ただこれらの掃除機をもってしても、猫の抜け毛を完全に取り去ることは難しいでしょう。

それでも毎日こまめに掃除機をかけて、その日でた抜け毛を放置しないことが大切です。
その上でこの後紹介するアイテムを使えば、掃除機で取り切れなかった猫の抜け毛を一掃することが可能なのです。

◆おすすめの抜け毛取りアイテム

日本シールから販売されている『エチケットブラシ ぱくぱくローラー アイボリー N76C』です。

普通のエチケットブラシはスーツなどについた糸や髪、細かいホコリなどをとるためのものですが、この製品はペットの抜け毛取り専用と銘打っているだけあって、非常に優秀でかつ効果的な抜け毛除去アイテムなのです。

通常のエチケットブラシは服や布地に対して、ブラシを決まった方向にあてて撫でるようにしてホコリや毛などを取るのですが、上記エチケットブラシは、粘着テープでごみを吸着させて取る掃除用具『粘着カーペットクリーナー(通称:コロコロ)』を使うように、猫の毛がついたカーペットに対し前後に動かすと毛を取って、ブラシについた毛は動かしたときにブラシを離れてダストケースにたまるような設計になっています。

通常のエチケットブラシは次の場所を綺麗にするためにはブラシについた毛やホコリを取る必要があり、コロコロの方も抜け毛がいっぱいついた粘着テープを剥がして新しいものに変えてから次の場所を掃除する必要があるため、広い場所や猫の抜け毛が極端に多かったりすると大変手間がかかりますよね?

『エチケットブラシ ぱくぱくローラー』であればかなりの量の抜け毛を掃除機のようにダストケースの中にため込むことができ、ある程度たまったら蓋を開けてそのままごみ箱に捨てるだけなので、手間もかからず非常に楽チンです。

掃除機では取り切れず、カーペットに残ってしまった抜け毛も、猫のお気に入りの座布団やクッションの上も、掃除機がかけにくい掛け布団に残った抜け毛もこれさえあれば簡単に取り除くことができるでしょう。
全ての愛猫家、愛犬家におすすめしたいほどの、抜け毛取り用便利アイテムなのです。

Amazonでなら850円前後で売っています。値段以上の効果を保証しますよ?

◆まとめ

猫の抜け毛は飼い主にとって悩みのタネではありますが、道具を上手く使うことで効率良く取り除くことが可能です。

毛すきで落ちる抜け毛を少なくし、掃除機や上記アイテムを上手に使ってキレイに抜け毛を取り除くことができれば、快適な居住スペースを維持することができるでしょう。

キラキラ色々なプレミアムキャットフードを試して比較しましたキラキラ

飼い主さん

プレミアムキャットフードとして売られているものを
たくさん買って試しました🎵

ねこ

ゲップ…
キャットフードランキング