猫の食器はどう選べばいい?猫が食べやすく清潔なエサ皿まとめ

猫のエサ皿

毎日使う猫ちゃんの食器はどうしていますか?

最近では猫ちゃんが食べやすいように工夫された「猫用食器」が様々な種類が販売されています。

たかが食器ですので「何でもいいんじゃない?」と思うかもしれませんが、実は食器選びが猫ちゃんの食生活や健康に大きな影響を与えると言われています。

「最近なんだか食欲がなさそうだな」「なんだかご飯が食べにくそう」とお困りの方は参考にしてみてください。

猫用食器は体格に合わせて選ぶ

猫ご飯

猫が食事をするときは広くて浅い食器を好みます。しかし浅すぎると猫がエサをすくい取るときに器の外に飛び出してしまいます。

猫はエサを舐めながらすくい取るように食べるので、フチが無いと周りに飛び散って散らかってしまうのです。

また猫は食事中に食器にヒゲが当たるのを嫌がるので、ある程度の広さも必要です。猫の顔+ヒゲくらいを目安の大きさにしましょう。

ですので、猫の顔の大きさよりも広くて、深すぎない適度な深さ(3〜5cm)があるものがベストです。

また、食事中にあまりにかがんだ状態になっていると、吐き戻しを起こしてしまう場合があります。

猫の食道は口から胃までが真っ直ぐなので、頭が下向きになっていると吐き戻してしまうのです。飲み込む力の弱い高齢の猫ちゃんでも起きやすいので気をつけてあげてください。

その場合は食器を台座に乗せるか脚付きの食器を使用してあげると良いです。

  • 「猫ちゃんが食べずらそう」
  • 「毎回フゴフゴ言ってる」
  • 「吐き戻ししてしまう」
  • 「足を使って食べ物を取りだそうとしている」

こういった動作が見られる場合は食器を見直してあげると良いかもしれません。

猫用食器(エサ皿)の選び方

猫ご飯

洗いやすい素材のものを選ぶ

猫用食器にはステンレス、陶器、プラスチックなど様々な種類がありますが、基本的には洗いやすいものを選びましょう。

猫は舐めながら食べるので、ドライフードを与えていても乾燥した猫の餌は油状になります。

油状になったエサにはバクテリアが繁殖しますので、食べ残したエサは放置せず、石けんと水で毎日こまめに洗うようにしましょう。

プラスチック製は微妙かも…

プラスチック製の猫皿はデザインも豊富で使いやすいですが、長期間使用するとプラスチックに自然にできる傷に細菌や油が溜まり、猫ニキビの原因となることがあります。

猫のニキビとは、ネコの唇からあごにかけてできる黒い点(ポツポツ)で、これは猫の角栓です。(ネコざそうともいいます)

注意してないと分かりづらいのですが、放置すると重篤化するのでプラスチック製の食器を使う場合は衛生面に注意して、定期的に買い替えるなどしてください。

代わりに、セラミックまたはステンレス製の食器を選択すると、こういった問題が起きにくくなります。

餌を置く場所にも注意して

猫ちゃんのエサを置く場所にも注意しましょう。

猫はトイレの周囲で食事をするのを嫌うので、トイレの近くにエサ皿を置かないでください。

また複数の猫がいる場合は、それぞれのエサ皿をあまり近くに置かないでください。猫は孤独なハンターなので、他の猫のエサ皿が近いとストレスになってしまいます。

猫用食器のおすすめ

以上の点を踏まえたおすすめの食器をご紹介します。

いま使ってます!

猫のエサ皿

高さがあるので猫ちゃんが食べやすく、また陶器製なので洗いやすいです。

すごく考えられていて使いやすそう
猫の餌皿

猫ちゃんの事をよく考えて作られた形状で、プラスチック製ですが抗菌素材を使用しており、衛生面でも安心です。

安定のオシャレさpidan
猫の食器

猫ちゃんが食べやすい15°の傾斜がついたエサ皿。水飲み皿としても使えます。プラスチック製。

こちらもpidanの陶器製
猫食器

置いているだけでもオシャレな猫皿。陶器製なので長持ちしますね。

ピンクがかわいい
猫の餌皿

高さ8cmと使いやすいサイズで傾斜もついてるので猫ちゃんも食べやすいです。陶器製。

100%nikuQ
¥1,500 (2018/10/20 23:25:03時点 Amazon調べ-詳細)

食べ過ぎる猫ちゃんに
猫食器

食べ過ぎる猫ちゃんには突起つきのお皿が良いですね。プラスチック製。

猫ちゃんのために作られたお皿
猫のご飯

お水が美味しくなると話題のヘルスウォーターのエサ皿です。猫ちゃんのために作られています。陶器製。

aukatz(オーカッツ)
¥1,836 (2018/10/20 23:25:04時点 Amazon調べ-詳細)

猫ちゃんのためにも清潔なエサ皿を

猫の餌

餌は毎日食べるものですから、猫ちゃんにとって快適なものを使ってあげたいですね。

年齢や大きさ、食べる量によってもベストな猫用食器は変わってくるので、今回の記事を参考にしていただけると幸いです。

基本的には毎日しっかり洗って清潔に使えるものを選びましょう。