猫にとって大事な「トイレ」ってどうやって選べばいいの?種類は?

猫のトイレ問題

猫ちゃんを飼うにあたって、とーっても大事な必需品。

それがトイレですよね。

猫ちゃんの排泄は毎回決まったところでする習性があるので、猫にとってトイレはとっても神聖でデリケートな場所になります。

トイレが気に入らないと、上手く排泄できなかったり、ストレスがたまったり、結果的に他の場所で粗相することにもつながったりするので、とっても重要です。

そこで、今回は猫のトイレ選び方と種類についてまとめてみました。

猫のトイレにはどんな種類があるの?

まずは「砂のトイレ」です。
消臭剤を使用しているものを使うと臭いも少なく、手入れも楽です。

次に紹介するのは「シート型のトイレ」です。
猫のトイレの中でも人気が高いタイプです。
糞尿の始末が楽で、軽いので買い物も楽です。
片づけが楽なのがシート型トイレの大きな利点です。

そして「ドーム型のトイレ」もあります。
猫のトイレも空間が大切です。
ドーム型のトイレは空間を作ることができるので、猫ちゃんが集中してトイレできるのが利点です。
汚れているかの確認が出来ないので、こまめに掃除をすることを心がけます。

「囲い型のトイレ」はコスパが良く、一度購入しておけば一生使うことができます。
猫の立場に立って集中できる良い場所に置いてあげることがポイントです。

理想的な猫ちゃんのトイレとは?

大きさが猫の頭からお尻まで1.5倍以上の大きさのもので、深すぎず浅すぎないもの、オープンタイプで入り口が低く、洗い安いものをおススメします。

小さすぎるトイレだとゆったりと用を足せないので猫ちゃんがぐるっと一周できるくらいの余裕は欲しいです。
深さですが深すぎると猫がトイレに入りにくく、逆に浅すぎると砂が飛び散りやすく、すぐ底が見えるのでおしっこが上手く砂に吸収されません。

また、屋根のないオープンタイプの方が臭いがこもらないので、猫ちゃんが嫌がらずにトイレをしてくれます。
猫はトイレの際は無防備になるので、オープンタイプで見晴らしが良い方が安心できる習性を持っています。
入り口が高いと子猫や高齢猫は使いづらいので、トイレを使ってくれない原因にもつながってしまうので、入り口は低い方が良いのです。

猫ちゃんが使うトイレはこまめに掃除をして欲しいので洗いやすい方が掃除の手間がかからないです。
猫ちゃんが使いやすい機能的なものを選ぶのをおススメします。

トイレ選びに気をつけたいポイントとは

ドーム型や壁が高くなっているトイレは砂の飛び散りが少なく、最小限で済みます。
特にオープンタイプのトイレは壁の仕切りが高くなっており、砂の飛び散りを少なくすることができます。
完全に飛び散りを防ぐのは難しいですし、砂によては粒が肉球にはさまったり、毛が長い猫ちゃんの場合だと体毛や尻尾に砂が付着してしまうことはよくあると覚えておきましょう。
トイレの臭いを何とかしたい場合は、システムトイレが一番消臭効果が高いものと言えます。
二層式になっているものだと、下の層のシートに尿を吸収させることができ、尿を吸い取ったシートを出して交換する仕組みです。
嫌な臭いを分断できるのでより消臭効果が期待できます。
猫ちゃんの糞尿の臭いを減らしたい場合は砂の種類を変えたり、掃除をこまめにすることで臭いを減らすことは可能です。
トイレ周りに物を置かないようにしたり、消臭スプレーや空気清浄機、脱臭機を活用することでも改善できます。

トイレ選びは猫ちゃんにまかせるのも1つの方法

トイレ選びに悩んだら、猫ちゃんに選んでもらうのが良いです。
と言っても全ての種類のトイレを用意するのは大変なので、ダンボールに砂を敷いたものとシートをそのまま用意しておき、どちらでトイレをするのか観察してみます。
シートでトイレをした場合はシートを選び、砂でトイレをした場合は砂用の容器に入れ替えてあげます。
決まったものが無いという場合に猫ちゃんの好みに合わせてあげるのをおススメできます。

子猫用のトイレの選び方

「箱型のたらい型タイプ」なら猫砂を入れるだけで使え、値段も安く、掃除が手軽です。
また、「おまる式タイプ」だと砂の量を節約できること、足が砂につかないので汚れないことがメリットです。
砂の飛び散りが少なく、省スペースで済みます。
しかし、使ってくれるかどうかが分かれてしまうタイプでもあります。
「システム型トイレ」や「自動清掃式タイプ」だと掃除が楽です。
値段が高いので一般的ではありませんが、旅行や出張で家を空けることがある場合は自動清掃式トイレは便利と言えます。

猫ちゃんにおススメなトイレの形とは?

大きくて、そこそこ深さがあり、洗いやすいものといえば、シンプルな箱型トイレです。
大きめなので猫が余裕を持って用を足すことができ、便も確認しやすく健康管理もできます。
深さがあるのでトイレの砂の飛び散りを防ぎ、洗うのが簡単です。
子猫や高齢の猫の場合は入り口手前に台を置いてあげるとトイレしやすいです。
そして、掃除の手間が省けて、お手入れが楽なのは「システムトイレ」です。
おしっこの処理なら週に1回でOKなのと、シートをひっくり返して使えばまんべんなくシートを使うことができます。
分解も比較的簡単なものにすれば掃除も楽にできます。
システム式だと専用の砂しか利用できないイメージがありますが、砂の種類も選択できるものもあるので、好みの砂で使うことができます。

よって、猫ちゃんのトイレを選ぶ際は、形で選んでみたり、臭いが少ないタイプだったり掃除や手入れが楽なタイプで選んだりとさまざまな面から選ぶことができます。
トイレは猫ちゃんにとって神聖で大切な場所なので、掃除やお手入れがしやすいかどうかは大切なポイントです。
常に綺麗に保ってあげることが重要です。